2017年09月11日

槍ヶ岳方面へ登山してきました

新穂高温泉というところから、鏡平経由で槍ヶ岳→新穂高温泉に戻るルートで登山してきました!
いわゆる西鎌尾根ルートというコースです。
yari_20.JPG
これが槍ヶ岳。遠くから見ると、他の山に比べて尖っているので分かりやすい山です。
頂上は3180メートルで日本で5番目に高い山らしい。


今回のルートはこんな感じ。
yari_36.JPG
結構いろんな山域に行くことができます。


1日目:新穂高温泉→わさび平→鏡平山荘


初日スタート。まずは車もなんとか通れる道を歩きます。
yari_01.JPG
、、、が最初の橋で「橋が傾いているため通行注意」の看板が。
えぇ〜?でも歩く分にはしっかりした橋でした。たぶん。

yari_02.JPG
川沿いの小さなダムっぽいところ。
雰囲気伝わりにくいですが、レトロっぽいところがいい。
これゲームだったら、序盤のキーアイテム探すところだなぁと思いながら通過。

yari_03-1.JPG
わさび平小屋通過。


yari_03.JPG
ポイントごとに、こんな感じで所要時間が書いてあります。
宿泊予定の鏡平山荘まではあと3時間半で到着。

ただし、これは標準タイムなので、自分との差を考えて時間を考えないと
ダメです。(私は標準より遅いのでいつも多めに見ています)

「〇〇新道」の〇〇には、その道を開拓した人の名前が入ることが多いです。
例えば重太郎新道は今田重太郎さんが造った道。
小池新道なので、小池さんが作ったのかな?
そうみたい。

yari_04.JPG
こんな感じで、途中の道端の石に情報があることも。
500メートルは目安なので、私の場合は時間を多めに(以下略)


yari_05.JPG
霧が多い(=ガスってる)ときは、道を間違えないように注意。
大体は、石に丸印がついているところを進めばOK。

「(小屋まで)あと5分」と案内があるが、この時間で着いたためしがない...


yari_06.JPG
北アルプスの山小屋はだいたいこんな感じ。
大きな2段ベッドが沢山並んでいる。
平日なので、端っこで、一人布団が一組使えました。
混雑する時期だと、二人で一組とかになる。

もっと混むと廊下で寝る羽目に。
基本的に予約順、着いた順で割り当てられるっぽい。

2日目:鏡平→双六小屋→槍ヶ岳山荘


yari_08.JPG
朝から晴れてよかった!
昨年は2日目の朝が雨だったため、そのまま下山しました。

yari_07.JPG
本日の歩くルート。ほぼ尾根伝いに、反対側へ。
小屋の近くにある鏡池から本日泊まる槍ヶ岳が見えていました。
朝は逆光なので、ちょっと写りがいまいちですが、池にも
山が写っていい感じ。

この日は何としても15時までに小屋に着きたかった。
とある理由で。

yari_09.JPG
尾根筋へ出る道も晴れ渡ってよく見える。

yari_10.JPG
かと思うと、こんなところを通ったり、いろんな場所を通れて面白い。

yari_12.JPG
目指す槍ヶ岳は正面に見えてきましたが、まだ遠い。
今日中にたどり着けるのか?と少し不安になりつつ歩きます。


yari_11.JPG
通過する双六小屋は山の反対側にあるので、画面左の雲の中へ一旦入ります。
結構暑くなってきました。

yari_13.JPG
霧がかかって、すーずしーい♪と思っていたら
日が差したところに虹が!!!!
うまく写せなかったんですが、2重の虹が見えたときもありました。

yari_14.JPG
尾根から少し下ったところにあるので、ガスってますが
少し登ると晴れ渡ってるはず!

ここから黒部五郎岳とか富山県側にも行くことができます。
が、今回は槍ヶ岳方面へ。

yari_15.JPG
ちょーっとだけ近付いた。

これは滝雲、でいいのかな。
コップのふちからドライアイスがすーっとあふれるように
雲がゆっくりと流れていました。
滝雲は初めて見たかも。

yari_16.JPG
さて、残り4.8キロだそうで。
あくまでも目安なので、自分の今いる場所とここまでの所要時間から
大体あとどのくらい歩くかを計算しつつ、がっくりしつつ。
なんとか15時までの到着を目指します。

yari_17.JPG
登山道に沿って茶色い鎖が出てきました。
写真ではわかりにくいですが、鎖のある所は要注意。

鎖を使わなくてもOKですが、通過に気を付ける必要が。
だんだん目的地に近くなってきたかな。

yari_18.JPG
岩場の急な登りも増えてきました。

yari_19.JPG
開けた視界の先に、今日泊まる小屋が見えてきました!
ちょっとやる気復活!

まぁ、見えてからが長いのですが。
目の前に目標があるのはいいことだw

yari_20.JPG
14時45分頃に小屋に到着!
槍の穂先(頂上)もきれいに見えています。

15時までに小屋に着きたかった理由↓
お知らせ・アクションカム無料レンタル | 槍ヶ岳山荘グループ

そう!宿泊先で、ソニーのアクションカメラが無料で
レンタルされていたからなんです。
貸出し期限が当日15時まで、返却は17時まで。

頂上に行って帰ってくると、往復だけで1時間ちょい。
渋滞するともっとかかるので、15時に借りて17時返却がぎりぎりのライン。

この時のために!microSDカードを持参したのだ!

yari_21.JPG
簡単な説明書と、機材一式をお借りする。
小屋の前のテラスで小休止兼ねてざっくり操作方法を確認。

yari_22.JPG
ヘルメットの、ヘッドライトをつける場所にヘッドマウントを取り付け。
腕に着けているのはカメラのモニターと、モードを替えるボタン。
やだ、なんかカッコいい。


このカメラは、動画、静止画、タイムラプス(一定時間ごとに静止画を取る)の
3種類のモードがありました。

16GBのカードを入れてみたら、2時間ほど録画できそうでした。
人も少ないので、頂上往復で1時間くらいで行ってこれそうなので
登りと下りをずっと動画で録画することにしました。

yari_23.JPG
撮影した映像は下山してから確認しました。
手元だけが写っているのでFPSのゲームっぽいなあ、と。

それから風切り音がしないのは流石ソニー様!と思いました。
また、つぶやく程度に喋った声も拾っていてすごいなー。

あと、撮ってから気づいたのですが頭の側面にカメラがあるので
通常の目線より少し高めで動画が取れていました。
せっかく下を覗き込んだ画像を取ったつもりが、そんなに下まで
写っていなくて残念!ってことも。

やってみて初めて分かることも多くて楽しかったです。

yari_24.JPG
こんな感じで。登るのは真剣。

yari_25.JPG
ぜいぜい言ってても、カメラを向けられたらとりあえず笑うよ。
すれ違う人にもちゃんと挨拶するよ。やせ我慢w

yari_26.JPG
とりあえず登り切ってドヤ顔。

yari_31.JPG
首からタオルがだらんとしているのは「わざと」ですw

山行を重ねて編みだした?タオルの巻き方です。
顔と頭と胸の汗を同時に対応しますよ(たぶんね)

某スポーツ漫画の真似をして、リストバンドでかっこよく汗をぬぐう!
とやったこともあったのですが、首から下の汗がカバーできなかった。。
やっぱり野良作業スタイルが私の中で合理的です♪

yari_27.JPG
モニターチェックする私。
手袋(100均の軍手ですけどw)は、着脱が簡単にできるよう
レインボールームと両端にクリップを使ったストラップを作って
止めています。

スノボやスキーのグローブについているストラップが便利そうだなぁと
思って作ってみました。結構イイ感じでした。

だらしなスタイルがはかどりますなw

yari_27-1.JPG
頂上から眼下に小屋を見る。

隣のおにーさんの足元がサンダルでビビる。
頂上までは結構な岩場を登るため、めちゃくちゃ自信あるぜ!
って人以外は真似しちゃダメ絶対!
足をケガしてしまいます。

yari_28.JPG
ホントにヤバいのは、登りより下り。
慎重に降ります。

降りる時は、おなかを斜面に向ける方が推奨されます。
万一滑った時に、すぐに対応できるからです。

ただ、足元が見づらくて怖いので私は
自己責任で斜面を背中に向けて降りることが多いです。
バランス崩すと一気に滑落するのでお勧めはできません。

本当に急な時は、仕方なくおなかを斜面に向けますが
できれば足元を見ながら降りたい、のでこんな格好に。

yari_29.JPG
カメラを返却して、晩御飯を食べ終わったら
持参したもう一つのおもちゃで遊ぶ。

温度、湿度、標高、UV指数が表示される。。。んだけど
温度がどうも10度くらい高めに表示されるっぽい。
家にいる時はそれらしい値を表示するのになー。直さないと

yari_30.JPG
雲海の先に沈む夕日がとてもきれい。
雲の柱っぽいのも立っていた。

yari_32.JPG
反対側は月が登ってこれもまた雰囲気がいい。

山の醍醐味の一つです。

posted by Az at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。